制御盤製作
ホーム 上へ 開発名称と下準備 開発実験 使用部品検討 図面起し 金属加工組み付け 試運転

 

 

技術屋が高齢者   になったら



 

 ホーム
上へ

 

 

企業名

Subject (サブジェクト)

HP製作者
高瀬 巌(ペンネーム)

所在地
兵庫県

Mail
rook@subject-net.com


営業範囲  

東は北関東から西は岡山県&香川県迄(但しメールの場合は全国どちらからでも ご相談承ります)

事業内容 

食品、化学、金属、電気, 印刷 その他製造業の工場の自動化及び自動機器(ロボット)の研究開発、企画、設計、製造


















 

 

制御盤に接するのは女性に接するのと同じ

こう言う書き方をするとお叱りを受けるかもしれませんが、まったくその通りなのです。最近の制御盤の中に組み込まれる機器は昔の機器と異なり、半分以上は弱電の世界のものばかりです。PLC、SSR、PS、PlsMotorDriverなどがそれです。これらの機器は少しでも水、鉄粉、や変な力が加わりますと壊れる恐れがあります。又配線一つをとって見ても、線の癖を綺麗にとってやり変な癖がつかぬようにそっとダクトに収めるのが綺麗に配線をするコツです。まさしく女性に接するがごとしですね。

動力線と制御の線は犬猿の仲

普通は動力の制御線とDCの制御線は線の太さが違いますが、色分けをします。我が社の場合は動力制御線は黄色、DCの制御線は青色と決めています。制御盤内では出来るだけ両者を交わらないように部品をレイアウトしなければなりません。しかし物理上まったくクロスしなくて出来るかと言うと私の経験からそれはムリです。したがってここではあえて出来るだけと言っておきましょう。(但し制御盤が出来上がってしまってから、ノイズをひらうと修正に大変面倒なようです。お互い少し遠回りしてクロスするのを回避出来るのならそうしてください。)

マークチューブは同じ向き

我が社ではマークチューブの文字の終わりに必ずドットを付けます。例えば X001. のようにです。これはチューブの文字が逆さまになるのを防止するためです。別に逆に付いていても性能には何ら影響しないのですが、自分自身でメンテナンスする時に大変見にくくこまります。企業にも電気の分かる方がおられますし、もし業者の人に見られたら恥をかきますよ。

制御機器は暑がり屋

制御盤内に組み込む機器は大概使用温度範囲が0度〜55度となっています。屋外で使用する装置は別ですが殆どが屋内で使用する装置とすると、密閉式の制御盤だとすぐに盤内温度が55度を越えてしまいます。したがって余程のことが無い場合は盤用換気扇を上部に吸い込み口を対面の下部に取り付けるようにしましょう。またレイアウトを決める時に熱を持ちそうな機器は少し間隔を空け取り付けるようにしましょう。

自動は自動、手動は手動

盤内にスナップswBOXを設け一つのアクチュエーターに一つ手動用スナップSWをもうける。回路はスナップSWはPLC回路に接続せず、直接アクチュエーターに接続する。そうする事によって、PLCが故障しても手動で動かせる場合がありますし故障発見が早くできます。ソフトの異常かアクチュエーターの異常か回路の異常かの区別をつきやすくしておくのがベストです。納めた機械はいったん製造現場にはいると、長時間とめれない場合があります、その時おおきな損が発生します、素早い復旧が信用をうみます、費用対効果の面からみても、そんなに予算が増えるわけではありません、ぜひお勧めいたします。

盤面操作SWのレイアウトは現場作業者が決める

私が今までに最も失敗した例ですが、今から10年以上前に、ある工場の注文で、大きな制御盤を組みました。その時代のPLCを組み込んだ制御盤としては相当大きな制御盤です。入出力点数が1200点程ありました。操作SWの数が全部で100個以上になるので、現場作業者の方が覚えられないと思い共通で使用出来るSWは出来る限り共通にしてSWの数を25個までに減らすことが出来たのです。これで覚えやすい制御盤が出来たと自負して納品しました。ところが現場作業者の方から大変不評を買い慌てて改造しなおしたものです。原因は現場作業者の方の意見にあまり耳をかさず、自分善がりのこれで便利だと決め付けた制御盤だったからです。現場のことは、現場の方が一番よく知っているという事を忘れた大失敗でした。

取り扱い説明書作成その1

制御盤面は先にも述べたように、現場作業者に最も密着した個所です。現場作業者に聞いたことを盤面に反映させたら、次に取り扱い説明書にも反映させるべく、メモを取っておきましょう。あとで忘れないように。

Mailを送られろ場合はポストのイラストかMailアドレスをダブルクリックしてください

       rook@subject-net.com



 


   トレー供給機

この高速トレー供給機は2列ありおのおの別々の種類のトレーも流せます。1列max 75枚/min 2列で約 150枚/minの能力を有しまる1日ノンストップの実績もあります。またたとえトラブルが発生しても自動復帰出来ます。下流の機械とのタイミングも完全にとれ総てリモコン操作で動かせます。完全自動化のラインを構築するのに、無くてはならない設備の一つです。

 

 

[私なりの発想の10ヶ条]
 :よく寝ましょう。
 :よく遊びましょう。
 :よく食べましょう。
 :何事にも興味を持ちましょう。
 :何でもメモをとりましょう。
 :簡単なことが分からなくても絶対に恥ずかしが  らないようにしましょう。
 :他人の造った機械はとおくから見ましょう。
 :専門書は斜め読みをしましょう。
 :家族は絶対に仲良くしましょう。
10:お金は貯まったら使いましょう
    ない人は少し貯めましょう。

[私なりの発想の10ヶ条解釈]
 : (頭をよく休め、絶えず柔ら    かな脳を保つの  に必要)
2   発想の芽を作るのに必要)
 :(空腹で発想はまずでない)
 :(広く浅く知識をつけるのが大事)
 :(人間は忘れる動物である)
 :(発想は簡単なものから)
 :(あまり観察しすぎると知らぬ間に物まねにな  る恐れから)
 :(どの本のどのページに何が書いてたかを知  っていれば良い)
 :(絶えず顔を合わす人に余分な神経を使うと発  想はまずでない)
10 :(お金は無い人も沢山貯まった人にも発想が  出にくくなる。程ほどが一番)   
  少しでも発想がわいたら命がけで実行しましょう
  完成するまで無我夢中になりましょう。
  ネバーギブアップ

   































     

                                      

   「あんな」「こんな」を「かたち」にする   Subject    

                                               無断転載禁止

                                                               Copyright 2009 Subject All Rights Reserved