工業所有権の申請
ホーム 上へ 開発名称と下準備 使用部品検討 図面起し 金属加工組み付け 試運転

 

 

技術屋が高齢者   になったら



 

 ホーム
上へ
打ち合せ2回目

 

 

企業名

Subject (サブジェクト)

HP製作者
高瀬 巌(ペンネーム)

所在地
兵庫県

Mail
rook@subject-net.com


営業範囲  

東は北関東から西は岡山県&香川県迄(但しメールの場合は全国どちらからでも ご相談承ります)

事業内容 

食品、化学、金属、電気, 印刷 その他製造業の工場の自動化及び自動機器(ロボット)の研究開発、企画、設計、製造











 

 

開発実験で得たことは全て申請してしまおう

昨今工業所有権は非常に注目を浴びています。特許庁などに直接特許、実用新案などの申請をすると費用が一件に付き約10〜15万円程かかりますし、日数も2年ほどかかります。また特許、新案が認められるとも限りません。そこで特許庁の方は後回しにして、良い方法があります。それは知的所有権(著作権)にして取るということです。これですと、簡単なアイディアでもネーミングでも、イラスト、写真、図面等でも取る事が出来ますし費用も\2000程で済みます。郵送して1〜2週間で登録できます。他人に真似をされない為にも何か気付いた事があればすぐに知的所有権を申請しましょう。これで特許でいう「先使用権」や「防衛特許」の代わりになります。特許、実用新案の申請は後日ゆっくりと、認められることを確認してから行っても遅くはありません。私の場合も必ず知的所有権の申請を全てにしております。実際には装置開発の時だけに留まらず仕事場、家庭でも絶えず気が付いた事はメモをとり、少しでも可能性のあるものは、申請するように日頃から習慣付けることが重要です。

 

  Subject HP 関連リンク集
下記URLをクリックして移動してみて評価をいただけると幸せです


http://www.geocities.jp/yurirema

     http://www.geocities.jp/k_subject

         http://www7b.biglobe.ne.jp/~subject/





                            製作中のトレイ補給機です

   この自動機は製造ラインコンベアの
   一番上流に取り付けられる設備です
   グラタン等のトレーは一般の食品トレイ
   より重量もあり、丈夫にできています。
   トレイはメーカーから箱詰めされて送ら
   れてきます(70cm重ね積)
   70cm重ね積一列分をラインに供給する
   装置です。










Mailを送られろ場合はポストのイラストかMailアドレスをダブルクリックしてください

     rook@subject-net.com






   トレー供給機

  

この高速トレー供給機は2列ありおのおの別々の種類のトレーも流せます。1列max 75枚/min 2列で約 150枚/minの能力を有しまる1日ノンストップの実績もあります。またたとえトラブルが発生しても自動復帰出来ます。下流の機械とのタイミングも完全にとれ総てリモコン操作で動かせます。完全自動化のラインを構築するのに、無くてはならない設備の一つです。

 

 

[私なりの発想の10ヶ条]
 :よく寝ましょう。
 :よく遊びましょう。
 :よく食べましょう。
 :何事にも興味を持ちましょう。
 :何でもメモをとりましょう。
 :簡単なことが分からなくても絶対に恥ずかしが  らないようにしましょう。
 :他人の作った機械は遠くから見ましょう。
 :専門書は斜め読みをしましょう。
 :家族は絶対に仲良くしましょう。
10:お金は貯まったら使いましょう
    ない人は少し貯めましょう。

[私なりの発想の10ヶ条解釈]
 : (頭をよく休め、絶えず柔ら    かな脳を保つの  に必要)
2   発想の芽を作るのに必要)
 :(空腹で発想はまずでない)
 :(広く浅く知識をつけるのが大事)
 :(人間は忘れる動物である)
 :(発想は簡単なものから)
 :(あまり観察しすぎると知らぬ間に物まねにな  る恐れから)
 :(どの本のどのページに何が書いてたかを知  っていれば良い)
 :(絶えず顔を合わす人に余分な神経を使うと発  想はまずでない)
10 :(お金は無い人も沢山貯まった人にも発想が  出にくくなる。程ほどが一番)   
  少しでも発想がわいたら命がけで実行しましょう
  完成するまで無我夢中になりましょう。
  ネバーギブアップ





        

                                      

   「あんな」「こんな」を「かたち」にする   Subject    

                                               無断転載禁止

                                                               Copyright 2009 Subject All Rights Reserved